紛失してしまった

緑のキーホルダー

現代人の必需品の一つである鍵ですが、そのコンパクトなサイズが災いしてある日突然、紛失してしまうことがあります。 鍵を落としてしまった場所に心当たりがあり、その場所が近ければすぐに探しに行くこともできますが残念ながら探し物が見つからない場合もあります。 仮に心当たりがあっても、終電が終わって回収に行けなかった場合などは非常に困惑する事態に陥ってしまいますよね。 そんな困ったときに最適の解決方法が鍵に関する業務に特化した専門業者です。 こういった専門業者は以前と違い現在の日本では電話1本で深夜帯でも駆けつけてくれる環境が整っているので、氷点下の夜中でも呼ぶことができます。 もちろん、大雪で交通機能が麻痺してしまっているような場合や駆けつけるのに著しく危険が伴なう場合は来てもらうのは困難ですが、平時なら盆暮れ正月でも大丈夫です。

普通に鍵を開錠してもらうだけなら深夜帯に出張してきてもらっても数千円で作業を行ってくれる業者もいますが、単純に開錠してもらうだけでは安心できない場合があります。 例えば飲み会などで鍵をなくしてしまった場合や、身分証明書が入った財布ごと紛失していしまった場合です。 信頼のおけない人が自分の鍵を拾ってしまい住所まで把握しているとなった場合は厄介な状況が連鎖的に続いてしまう可能性も無きにしも非ずなので、鍵穴を変更するなどといった必要性が生じてくるかもしれません。 このような専門業者は開錠以外にも複製や鍵穴の交換なども行ってくれるので危機感を感じてしまった場合は専門業者を呼んだついでに鍵穴も交換してもらうといいかもしれません。

スペアを作る

ドアノブと鍵

もしなくした時のために合鍵を作っておくのは大事なことであるといえます。しかし、場合によっては複製が不可能なものもあります。このときにはスペア作成の利用料金は一律ではありません。

交換する時

いろいろなキーホルダー

ドアノブ交換を行うときは、いろんな種類の中から適切なものを選ぶべきです。防犯を高めたい時に利用できるものもありますし、自分で取り付けが可能なデザイン性の高いものもあります。

自力で行う

錠と鍵

何でも自分で行えるということは、いろんなものをコントロールできるということで気持ちの良いものです。昔はドアノブ交換といえば業者に任せていましたが、今では自分でもホームセンターで購入することができます。

トラブルで頼れる

束ねた鍵

トラブルが起こってしまったとき、専門の業者に任せることが重要です。鍵の110番では鍵紛失のトラブルから防犯対策まで、いろんな点について頼りにすることができます。

素早く行う

ドアノブとレンガ

ドアノブが壊れてしまうと、住宅への出入りも難しくなりますし、夜間や出かける時などの防犯もしっかり行なえません。しかし、ドアノブ修理業者では迅速な対応を行っています。